WEBライティングとは

今の時代、何か気になる情報や商品などがあったら購入や注文をする前に必ず「まずはネットで調べてみよう」という事になるかと思います。いくら販売担当の人や営業担当から十分過ぎるほど説明を聞いていたとしても、その情報と自分自身でも調べて理解した情報と併せて最終的な判断をするという流れになります。

自分自身で調べる情報としては、その会社とその製品の情報やその製品の評判・実売価格などを調べてみて、納得してから次の行動に移すのです。そんな中で一番の判断材料になるはずの会社のホームページや商品情報に必要な情報が書かれていない、もしくは不十分であった場合、どんな印象を受けますか?「この会社大丈夫かな…」と逆に不安を煽る結果となってしまいます。

テキストコンテンツの品質が非常に低いと、せっかく購入するつもりで自らWEBサイトにまで来てくれているのにも関わらず、そういった顧客を逃してしまうことになりかねません。また適切に書かれているテキストコンテンツ内容は検索エンジンにインデックスされますので適切な評価を受けることにより上位表示されるようになり、さらに新たな集客につながるのです。

WEBサイトを作成する際は色使いなどのサイトデザインや画像などに注力されがちですが、同時にテキストコンテンツも重要なのです。

文章も適当に書いておけばいいという訳ではありません。WEBサイトというのはそれまでのチラシや新聞広告、雑誌広告などの紙媒体とは全く異なる特徴を持った媒体なので、媒体の特性を理解した上で作成しないと中々結果が出ません。

例えば紙媒体と比べてWEB媒体というのは視認性と一覧性が極端に低い媒体です。

印刷された小さい文字を見るのと、モニターの中に記載された小さい文字を見るのとではどちらが見やすいですか?長時間モニターを見続けていると目が痛くなったり疲れたりしてきますが、印刷物の文字を見ていてもそんな状態には中々ならないですよね。従って視認性が紙媒体に比べて極端に低いというのが分かります。

また、最近だと大画面モニターが普及しているのでそれほど見づらいことはありませんが、それでもスマホなどで見る場合、全画面表示してしまうと文字が小さすぎて何が何だかさっぱり分からない状態だと思います。また、チラシなどではどの商品が安いのかパッと全体を見て理解出来ますがWEB媒体ではそうはいきません。つまりどこに何が書いてあるのか、さらに全体的な流れが掴みづらいという欠点があります。

これらの欠点を踏まえ、WEBサイトのコンテンツライティングをする際は紙媒体よりもさらに「読みやすさ・分かりやすさ」に注力しなければなりません。

これらの欠点を解決しながらWEBコンテンツ用に適切な文章を書くことを「WEBライティング」といいます。