検索エンジン対策を意識して文章を書く業務

SEO対策(検索エンジン最適化)は、無料で出来る効率の良いマーケティング戦略です。

巨額の広告費を使えるならばSEO対策など不要ですが、どんなに良い商品やサービスを提供していたとしても、そのサービス自体が世間に知れ渡らなければ意味がありません。

そこでSEO対策を行い、その商品を検索してくれた人たちをホームページに誘導することにより初めてチャンスが生まれる訳です。

キーワードを意識する事

WEBライティングにおいては、特定のキーワードで検索された時に引っかかる、つまり上位に表示されるための工夫が必要なのです。

クローラーの性能は日々進化しており、またアルゴリズムも日々変化しているので、「コレ!」といった正解はありません。しかし文章中に意識的にバランス良く配置することによって、そんなアルゴリズムの変化にも負けないような充実したコンテンツとなります。

まずは「キーワードを意識する」事から始まります。どういったキーワードを意識して盛り込むのかを考えます。

検索エンジン自体がこのページは何について書かれたページなのかを判断しやすいように埋め込んでいきましょう。

ただし、数多く埋め込むことだけを考えてしまうと文章として不自然になってしまい、ユーザビリティが損なわれてしまいます。

あくまでも自然なライティングになるよう心掛けてください。

また、私はSEO対策の専門家ではないので良くは分からないのですが、キーワード自体は前の方にあったほうが良いとされています。

バランスに配慮しながら出来るだけ前にキーワードを埋め込むようにしましょう。

ページタイトルの工夫

ページタイトルにも工夫が必要です。

そのページに書かれている内容を表すタイトルと、そのタイトルと全く関係のない内容が記載されていてタイトルとはかけ離れたページであった場合は減点されるそうです。従ってサイトの内容とタイトルをマッチさせる必要があるのですが、埋め込んだキーワードをタイトルにも使うと良いです。

このように、前章で紹介したターゲットユーザー層が使いそうなキーワードを選定して効果的に埋め込むことによって、SEO対策という副産物もついてくる訳です。

もちろんSEO対策を本格的に行うには、もっとしっかりとした記述のノウハウに基づいて徹底的にやらないとダメだとは思いますが、WEBライティングの段階でそれを意図的に行っていれば、WEBサイト管理する側も特に苦労する事のない喜ばれる記事になると思います。

SEOの技術的な事は良く分かりませんが、それを意識して文章を書くのもWEBライティング業務のひとつでもあります。