文書の簡素化と構造化

視認性が良くないWEBサイトでは、必要な情報が欲しいときに長々とした文章を読まされるのが非常に苦痛に感じます。従って短時間で必要な情報がすぐにわかるように提供することが重要になってきます。WEBライティングでは回りくどりダラダラとした長文を避け、必要かつ重要なポイントを分かりやすく箇条書きにするなどの工夫が大切です。

しかし、いくら長文を簡素化するためとはいえ必要な情報を削ってしまってよく理解できない文章になってしまうと「結局良く分からない」という結果になってしまうとかえってユーザーにストレスを与え信用を失うという最悪の結果となってしまい、ユーザビリティを良くするどころかかえって悪化させてしまう本末転倒な状態になってしまいます。

ターゲットユーザー目線に立った重要なポイント

ターゲットユーザー目線に立った言葉を選ぶという事も重要なポイントです。

その商品の購買層がどういった人たちで、どういった言葉を好むのか、そんな事考えて文章を書いたことが無いという人もいるかと思いますが、例えば主婦向けの商品なのにホームページの商品説明を見たら専門用語だらけで一般の人には理解不能な商品説明だったとして、欲しいと思いますか?というような話です。

「この層にはこういった言葉が好まれる」とか「食いつきが良さそうな言葉はコレ」とか、そのユーザー層によって全然違うわけですから、そういった対象者たちに併せて文章を書くというのも重要な要素です。

同時に、ターゲットユーザー向けの言葉を選んで書くというのにはもう一つ大きなメリットがあります。

それはターゲットユーザー層が検索しそうなキーワードをドキュメント内に蓄積出来るというSEO的観点でのメリットです。

ターゲットユーザー層が検索しそうなキーワードをちりばめる事により、ターゲットユーザーが検索した時に引っかかりやすくなります。これが先ほどのように専門用語の羅列ならこうはいきません。

例えばターゲットユーザー層がどういった特徴なのか具体的なプロフィールを作成してみて、その人たちが使うような言葉を列記した用語集などを作成して、それを参考に記述していくというのも良いかもしれません。

WEBサイトの文章は見やすさが命

WEBサイトは一覧性が低い媒体です。それを改善するためには「構造化」が重要になります。

文章を「表題」「大見出し」「中見出し」「小見出し」に分けて配置し、それぞれに導入文や本文を入れていくという構造化を行うと、「どこにどんな内容の文章が書かれていて、今必要なのはこういう情報だから、ここを見れば良い」というようにユーザーにとってとても処理のしやすい構造になります。

基本的にWEBサイトの文章は「読むもの」ではなく「見るもの」であることが多いですから、何よりも見やすさが命なのです。